読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

英語(間接疑問文)わかりやすく対策と書き換えも簡単

スポンサーリンク

3371514000_a50a20e647_ask-someone 

間接疑問文は中学3年の終わりにさらっと触れるだけの単元です。しかし、テストや長文頻出です。わからない人はしっかり復習しましょう。

 

間接疑問文って

間接疑問文は疑問文とは何がちがうのでしょうか?

たとえば道ばたで人に道を聞くときに、すみません、〜駅はどこか知ってしますか?または〜は誰か知っていますか?って聞きますよね?いきなり、〜はどこ?または〜は誰?って知らない人には聞かないですよね。

これが間接疑問文です。いきなり質問するのではなく、〜はどうやっていくの? 直接質問するのではなく、相手が質問を聞き取りやすいように質問するのが間接疑問です。

 

間接疑問の作り方

間接疑問文は結論からいいますと疑問詞が名詞の役割をします。動名詞が動詞にingをつけて名詞の役割をするのと同じです。それが大きく節(かたまり)として考えるだけです。

例えば 

Where is he ?(彼はどこですか?)

普通の疑問文では疑問詞+be動詞+主語?です。では間接疑問文の語順はどうなっているのでしょうか?

間接疑問文:I don't know where he is.(彼がどこにいるのかわかりません。)

間接疑問文では主語とbe動詞の入れ替わりはありません。通常文(肯定文)と同じ語順になっています。また、I don't knowの目的語に名詞のカタマリとして並んでいます。では一般動詞はどうでしょうか?

What does he like?(彼は何が好きですか?)
間接疑問文: Do you know what he likes ?(彼が何が好きか知っていますか?)

一般動詞の場合でもdo,does,didが使われている場合は、省いて、動詞の形も肯定文の形なので主語に合わせる

疑問詞が主語の場合

Who broke the window ?(誰がその窓を割ったの?)

疑問詞が主語となっている時は、間接疑問文を作るときに語順をかえる必要はないです。

間接疑問文:Do you know who broke the window?(誰が窓を割ったの?)

では続いて簡単に練習問題をしてみましょう。

練習

1. I don't know +When did she leave Japan?

2. Where does he study? (I knowではじめて)

3.please tell me (   )I should(     ).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

解答

いかかでしたか?ではさっくと解答していきましょう。

1. I don't know +When did she leave Japan?

解答 I don't know When she left Japan.

 

2. Where does he study? (I knowではじめて)

解答 I know where  he studies.

 

3.please tell me (   )I should(     ).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

please tell me ( when )I should( start).(私にいつ出発すべきか教えてください。)

どうでしたか?

ポイントは間接疑問文になると疑問文の語順は→肯定文の語順です。

また、動詞の形も主語や時制に合わせて変えましょう。

時制の一致

最後に時制の一致を確認しますね。

間接疑問文で

I know what this is.(これがなにか知っています。)

I knowがI knewと過去形に変わると間接疑問文も過去形に変わります。

I knew what this was.(これが何であった知っていました。)

しかし、日本語訳は現在形で訳をしたほうが自然な訳になります。

I knew what this was.(これが何であるか知っていました。)

おわりに

間接疑問文は名詞的用法をする。中学の内容では目的語の働きしか学びません。

ポイントは間接疑問文になると疑問文の語順は→肯定文の語順です。

また、動詞の形も主語や時制に合わせて変えましょう。

時制の一致によって全体の動詞が過去形になると間接疑問も過去形になる。しかし、訳は現在で訳をしたほうがいいです。