読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

変わりゆく児童英語。取り残されないための秘訣

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170317060029g:plain

子供に英語が必要といっても何歳から始めたらいいの、または何を教えたらいいのかわかりませんよね。あなたの子供の時代は今よりももっと英語が重要となります。英語をわが子の教えるにはどうしたらいいのか、これからの英語教育についてまとめました。

 

新学習指導要領案によって進む英語教育

小中学校の新学習指導要領案により英語の授業が小3から必修化され、小学5年生からは必修教科として正式に導入されることとなります。

2020年度から始まるこの前倒し政策により、特に注目すべきは小5からの英語授業への対策です。今までは英語に親しむ「外国語活動」であったため、聞いたり話したりを楽しく行えていれば問題がありませんでした。

しかしこれからは、読んだり書いたりも加わった形の「英語教科」となり、教科書を使った本格的な授業と変わるのです。

同じように中学校においても習う単語が増えたりと英語の授業内容がレベルアップしていきます。その対策としても小学生のうちに英語の基礎知識を身につけておく必要があります。

英語という新しい教科をしっかり身につけるには、英語そのものの勉強以外にも国語をしっかり理解しておくことが重要となってきます。

問題文をしっかり理解し、たくさんの選択肢の中から状況に合った言葉を選ぶためには、国語の知識と理解がなくては英語のみならずどの教科においても不利となります。英語への心配をする以前に、まずは今習っている国語からつまづきをなくしていきましょう。

英語にふれる機会を小さな内から積極的に作ることが大切です。そのためにも我々育てる側である親が子供の様子を見ながら英語にどんどん触れさしてあげましょう。そうすることでこれからの国際社会に負けない子供に育っていくのです。

英語への意識を高めるために定期的に挑戦してみよう

毎日の学校での授業をしっかり理解することが一番なのは当然ですが、日本人に多く見られる英語への抵抗をなくすことがまずは大切です。そのためにも定期的にアプリやドリルでの確認テスト、英検などにも挑戦してみましょう。

最近ではスマホで手軽に学習できる無料の英語アプリも多く、小学生向けの英語ドリルも書店で数多く売られています。英語が楽しくなってきたらチャンスです。

そういったものをうまく活用して、さらにモチベーションを高めてあげましょう。英検においては、ジュニア向けのものやオンライン上で受けられるものもあります。

子供向けの英検は「児童英検」と呼ばれ従来の英検よりも幼児向けの試験でオンラインで試験を受けることが可能です。姉の子供も3歳で受験して合格しているので難しくはありません。子供に積極的に挑戦させて結果を得ることで、「自信」や「好き」に変えていくのです