読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

わが子を英語好きにする!自宅でも可能な簡単な知育英語。

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170317060225g:plain

子供に英語を学んでほしいと願っても本人が好きにならないとなかなか続きません。子供は自分が夢中になることや好きなことしか長くは続きませんからね。親の希望に沿って英語を学ばせるには英語が楽しいと思わせるしかありません。今回は英語を子供に楽しく学ばせる方法をまとめました。

 

 

いつから英語を教えたらいいの?

幼児教育において、英語を早めに受けさせたいと両親は思いがちですが、具体的にいつ頃なのか、そして年齢によってどのような英語教育を受けさせるべきなのか理解しているとそれに沿った教育を受けさせることで不安が無くなり、安心感を得るようになります。

しかし、英語教育は具体的にいつ頃から受けさせればいいのか明確な基準はありません。幼児期は脳が急激に成長することから、なるべく早めに英語教育を始めるようにするのがよいと言われています。しかし、早くから英語教育を受けることで、日本語がおぼつかなくなることもあり、バランスが必要とされています。

まずは自宅に英語の環境を作る

英語教育だけでなく他の外国語に対しても同様の事が言えます。まだ生まれたばかりの0~1歳児に対しては赤ちゃん向けの英語教育としてCDやDVDによって触れることがおすすめです。

おもちゃなども英語の歌が流れるものをできるだけ選択し、英語が楽しいものであることを導く必要があります。購入するのにちょっと抵抗がある方は、YouTubeなどの動画配信サイトによって海外のチャンネルが観れるモノから利用する方法もあります。

幼少期に英語の耳を作る

脳が目覚ましいために聞いた英語をどんどん吸収していきます。日常英語が飛び交う環境であれば、ネイティブ並みの英語を身に付けることもできます。しかし、母国語である日本語もまだしっかりと話せない時期であるために、英語ばかりに触れていると日本語を習得のに遅れを生じることもあります。

音を聞き分ける能力においては大人より子ども達の方が発達しているため、早いうちから英語を触れる習慣を持つようにします。早めに触れる習慣を持つことから、日本語にはないLとRの音の聞き分けに対しても身に付いていきます。

英語の耳を幼少期に作ることによって大人になって英語の聞き分けがスムーズに出来るようになります。僕の英語の得意な友人も幼少期に英語の本をたくさん読んでいたのが1番効果的であったと話していました。幼少期は英語の基礎を作る時期なので大切に教えてあげましょう。

英語に触れる時間

日本語の発達に影響を与えない程度で、1日30分~2時間ぐらいとよいとされています。音を流すことが難しい環境であれば、両親が英語の絵本を読み聞かせる方法もあります。両親が伝えることで子どもたちも安心することができることから、吸収もスムーズと言えます。

まずはあなたの知っている童話を英訳しているものを読み聞かせするのはどうですか。内容も短く子供も暗記していまえば英会話にも役立ちます。