読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

子供の成長によって知育英語を考える。児童英語に最適な3つの方法。

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170317060608g:plain

0歳〜1歳までと違い、子供が2歳をすぎると英語の学び方を少しだけ工夫する必要があります。この活発な時期に合わせた英語教育が必要です。また、4歳以上になると他の英語の勉強方法にシフトしていきます。そんな子供の成長に合わせた知育英語をまとめました。

 

児童英語

児童の英語教育においては赤ちゃんと呼ばれる時期から離れて2歳~3歳になった時には少し英語を学ぶ環境も変える必要があります。2歳~3歳児は身体を動かしたいと感じている時期であるため、英語教育には歌やダンスを取りいれて、身体で身に付けるようにもしていきます

 

リトミックを取り入れた英語

身体の動きもしっかりしてきている為、英語を聞くだけの単調な学びだけでなく、一緒に歌ったりもします。そしてリズムに合わせてダンスをしたりするのも楽しいのでとても効果的です。

リトミックのような身体を動かして体感で身に付ける方法は子どもにとってまだ考えることが慣れていない時期に当たっては効果的とも言えます。日本語がつたない時期であることから勉強するより、英語に触れるのは楽しいよと伝えることはとても重要です。

こちらの本は0歳から1歳までは聞き流しで英語脳を作り、2歳児以降はダンスで楽しむことができるので非常におすすめです。

4歳児からの児童英語

4歳児以上になるとコミュニケーションの機会を増やしていきます。この頃から本格的に英語教室に行く事が望ましいと言われています。

街中では子ども英会話教室もあることから実際に先生や生徒同士に触れあいを通して、実践的に学びます。英語だけでなく、コミュニケーションの大切さをもこの時期から学ぶのは効果的と言えます。

小学校に上がる前に英語は楽しさやもっと使ってみたいと思うことで、将来の英語学習に対する抵抗がなくなってきます。相場としても週1回のレッスンとして月額8千円ぐらいからとなっています。

スクールに通う

また、近くにあるならインターナショナルスクールに通わせるのも効果的な方法です。本格的な英語を身につけることが可能です。ネイティブスピーカーから英語の単語の使い方を耳で聞き分けるようしていくために、耳からの英語の情報を得る効果が更に成長していきます。

最近はネイティブスピーカーの先生が英語を教えてくれるスクールに通わせたい両親の方も増えてきている事から人気が出てきています。先生と子どもが1日中英語で過ごすために、英語学習の効果は最も高くなり、何気ない英語表現は理解できるようになるため、ナチュラルな英語を習得するようになっていきます。

オンライン英会話

近くに英会話教室やインターナショナルスクールがない場合にはオンライン英会話を利用するのも効果的です。あなたと子供のスケジュールに合わせて週1〜選ぶことができす。もちろんネイティブスピーカーの先生もいます。

自宅のパソコンがスカイプが出来る環境なら準備は必要はありません。しかし、オンライン英会話はネット上に多数あります。それぞれにメリットとデメリットがあります。例えば、ネイティブスピーカーと記載しているのに韓国人であったり、または回線が悪くて聞き取りづらいことがあります。オンライン英会話を選ぶときには無料レッスンを受けたりして調べてから契約しましょう。

まとめ

子供が1番楽しんで続くスタイルを選択してあげるのがベストです。インターナショナルスクールが理想であっても子供がいやいや通っていたらいつまでたっても英語は身に付きません。あなたは子供の成長と態度を判断して気に入ったものをすすめてあげましょう。