読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

日本語の特徴を調べてみた。英語を勉強するには母語を学ぶことが大切。

スポンサーリンク

 

f:id:buchibuchi4647:20170307044718j:plain

英語に関してイントネーションを説明する上でアクセントが不可欠です。なぜなら、アクセントとイントネーションが同時に発生しているからです。一方で日本語ではイントネーションとアクセントが別々に発生しています。この点で英語と日本語は異なります。今回はイントネーションを説明する上でアクセントも取り扱いながらまとめていきます。

 

 

日本語のイントネーションとアクセント

英語に関してアクセントとイントネーションは切り離せないものです。その理由と共に、日本語と比べながらアクセントとイントネーションについて詳しく説明していきますね。

いかなる言語でも音節は等しい調子で連なるのではなく、他よりも目立つ音節に分かれるのが普通である。この違いをアクセントと呼び、他よりも強調された音節はアクセントがあると一般的に言われます。

しかし、実際にはアクセントは音程の動きを持っており、これが組み合わさることによってリズムやメロディーが生まれます。このリズムやメロディーをイントネーションと呼びます。

どんな言葉もイントネーションをもっており、それに対する役割の重さとして言語の間に違いがあります。

日本語では、一般的にアクセントとイントネーションは別々の部分で実現されます。一般的に日本語の単語はいずれかのモーラにアクセント核があるか、あるいはアクセント核がないかで区別できます。

アクセント核とは最もその単語において最もピッチの高い場所を指します。また、日本語はアクセント核の後のモーラはアクセント核よりもピッチが低い規則性があります。
(1)はし 橋
(2)はし 箸
(3)はし 端
上記の「はし(橋)」、「はし(箸)」「はし(端)」は、それぞれ発音した時のピッチつまり高低の違いがあります。それぞれのアクセント核の位置が異なるために違う結果となっている。

最初の「は」にアクセントの核が「箸」、「し」にアクセントがあれば「橋」、アクセント核がなければ「端」と区別できる。

実際に発音して確認してみてください。音の高低のパターン、つまりどの部分を高く、どの部分を低く発音するのかという、アクセントの核の位置によって聞き分けることができます。

ここまでは単語単位で説明してきた。しかし、発話は単語を組み合わせたものであることは言うまでもないですね。次回は文節による日本語の変化を説明していきます。