読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

英語(命令文)わかりやすく問題を使ってまとめ

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170313131357j:plain

命令文は中学1年で習う単元です。簡単だと思われますが、ついついミスをしてします。しっかり復習して自分の得点源にしましょう。

 

 

命令文とは

命令文主語をとって、動詞の原形の英文。
〜しなさい)って人に指示や命令する英文のことでしたね。
ポイントとしては必ず動詞の原形でないとダメですよ〜って決まりがあることです。過去形のedやingやsを
つけてままではダメです。ルールがあります。ここをまずはしっかり確認しましょうね。

 

命令文の使い方

命令文の基本から復習します。
例題 She goes to school.(彼女は学校にいきます。)
これを命令文に書き換えると、主語をとって、動詞の原形で始める。。。。つまり
命令文 Go to school.(学校にいきなさい。)

be動詞の命令文

be動詞の命令文を苦手とする人がいる。ここでしっかり確認しておこう。
例題 You are kind to Ken.(あなたはケンに親切です。)
この例文を命令文にします。主語をとって、動詞の原形で始めるのでしたね。動詞はareです。(is,am,are)の原形はbeです。
命令文  Be kind to Ken.(ケンに親切にしなさい。)
確認できましたか?このBeで始まる命令文に慣れていきましょうね。

pleaseの使い方

また、please(どうぞ〜してください)を文頭または文末につけると丁寧な指示を表す命令文になります。ここで重要なのは、文末にpleaseを置くときは
,pleaseとなることを忘れないようにしましょう。
丁寧な命令文
Please go to school.
go to school,please.
(どうか学校に行ってください。)

呼びかけ

人を呼びかける表現も命令文である。例えば、ケン!学校にいきなさい。これを命令文で書く場合は文頭または、文末に呼びかけやい人の名前を置くだけでいい。しかし注意が必要です。先ほど説明したpleaseと違って、呼びかけは文頭も文末も両方ともに
文頭ならKen,文末なら,Kenとコンマが必要です。なぜなら、文頭にコンマがないと元の英文に戻ってしまい
(〜は)と誤訳になってしまうからである。でか例文で確認していこう。
例題
Ken goes to school.(ケンは学校に行きます。)
呼びかけの命令文は
Ken,go to school.
Go to school,Ken.
(ケン、学校にいきなさい。)
<h2命令文の否定>

命令文の否定はとても簡単である。文頭にDon’t(〜してはいけません)で表現できます。
これは、動詞がbe動詞でも、主語がI,you以外の単数(つまりdoes?)のときでもすべてdon'tをつけます。
Don’t go to school.(学校に行っては行けません。)
Don’t be kind to Ken.(ケンに親切にしてはいけません。)

Let’s

Let'sも命令文です。これは文頭に置くだけで(〜しようよ。)て誘う英文になります。では確認します。
Let’s go to school.(学校行こうよ。)
またこの英文に対しての答え方も大切です。
yesならyes,let’s.
noならNo,let’s not.
では、しっかっり復習しておいてください。