読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

あなたも当てはまるかも?生活保護をもらうための3つの条件。

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170316223611j:plain

あなたは生活保護って言葉を聞いたことがありますか。少しマイナスイメージの感じがしますが、実はそんなことはありません。条件を満たせば国からもらえる補助金であり、立派な収入源です。生活保護の条件がいがいにもあなたもあてはまるかもしれないのです。せっかくの副収入を得るチャンスです。ぜひとも確認してください。

 

生活保護の基準

生活保護がもらえるかどうかの基準は最低限度の生活ができるかどうかによって変わってきます。しかし、これは個々によって違いますよね。そのために最低限度生活レベルを判断するのに3つの条件があります。それをすべてクリアしていると生活保護を受けることができます。

あなたの生活はどれくらい苦しいの?と申請する前から事前にチェックが入ってあなたの生活レベルを調査します。この判断に基づいて補助金がもらえるかどうかと決定が下されます。どれくらい苦しかったいいのかを確認していきましょう。

生活保護の3つの条件

最近では生活状況によって苦しんでいる人は少なくはありません。実はそんなあなたも生活保護の基準を満たしているのかもしれません。これから生活保護の条件として定めている3つの項目について確認していきます。あなたも該当するかどうか確かめてください。

条件1

1つ目の条件は援助してくれる身内または親類がいないことです。これは、自分と生計を一緒にしている家族がいてその人が働ける状態で収入がある程度あるならば、生活保護がを受けることができません。この条件が生活保護を受けるための最も大切な部分です。

例えば、母子家庭になってしまい、自分の両親の家で世話になってしまうと→両親が働いているなら→アウトです。

または、その両親の家に兄弟が住んでる。→働ける人が一緒に住んでいる。→アウトです。

条件2

2つ目の条件は資産を全く持っていないことです。貯金や土地などを持っている場合は土地を売ったりしてからでないと生活保護を受けることができません。しかしアパートに住んでいたり、家を借りている場合(賃貸)は、持ち家では無いとみなされるため、生活保護を受けることが可能です。

 

また、資産を全く持っていないという状態で判断が難しいのが、パソコンやスマートフォンです。パソコンやスマートフォンを個人の資産と判断されるかどうかは担当したケースワーカーさんの判断によります。とにかくわからない事は全てケースワーカーさんに相談してからでないとわからないので、資産については注意してください。何も持っていないのがいちばんですけどね。

条件3

最後の条件は病気や、事故によって働くことができない。これは先ほど説明した2つの条件を満たしていることが前提で、病気や怪我等でどうしても働けない場合は生活保護を受けることができます。

事故の例

交通事故→入院→生活保護OK

骨折などで働くことがない→入院→生活保護OK

うつ病→入院または通院→生活保護OK

また、働いている状態でも生活保護がもらえるケースが近年では増えてきています。過去に生活保護を受けられなかったために死亡してしまったという事例があったため、生活保護を受ける間口が広がってきたためです。

母子家庭の場合

 

母子家庭の人は比較的生活保護を受けやすいです。子供が小さく、パート勤めをするしかない、病気で長時間働けないという理由などが生活保護受給対象例です。。最近このようなケースが増えてきており、本当に生活がきつい場合は相談した方がいいと思います。

収入が低い場合

若い人でも生活保護もらえる場合があります。月の収入が最低生活費よりも少ない時です。最低生活費と各地域が決めている最低限生活していくために必要な収入です。

例えばしっかりと働いても月収が4万円に満たない場合、その地域の最低生活費が9万円と定める場合は差額の5万円を生活保護として受けることができます。

生活保護の受給金額

各地域で定められた生活費から年金また児童手当等の収入そして自分が働いてるならばその収入を差し引いて足りない部分を生活保護費として支給されます。

例 働いている人

国からの手当+自分の給料+生活保護費=各地域で決めている生活費。

例 働いていない人

国からの手当+生活保護費=各地域で決めている生活費。

まとめ

生活保護を受けるにはそれなりに厳しい条件もあります。しかし、すでにあなたはその条件を満たしているにもかかわらず、毎月苦労して働いているのかもしれません。もし受給対象者であるならばぜひとも生活保護を検討してみてください。