読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

飲み会でやってはいけないマナー!大切な5つポイント

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170307044809p:plain

 

新年会、忘年会、歓送迎会。会社人になると会社の仲間や上司とお酒の付き合いは増えると思います。そんなときに、自分では対応できない状況ってあると思います。そんな飲み会のマナーを紹介します。

 

お酒が苦手です。

最初に飲めないことを伝えておきましょう。お酒を飲める量は人それぞれです。全く飲めない人もいますよね。そんな時は最初に「すみませんお酒が飲めない体質なんです。」と伝えることが大切です。

飲み会とは普段の会社と違って親睦会のようなものです。参加することが大切です。無理して飲む必要はありません。乾杯の時は、飲めなくてもコップにお酒を入れて待つだけにしましょうね。またお店にはお茶やジュースもあるしそういうのを頼むようにしましょう。

空気を読むのが苦手です。

先輩や上司目上の方の性格を観察してみるのはどうですか。普段の仕事の中で、上司や先輩の雰囲気、性格を知るのが大切です。お酒が入った飲み会では普段言わないこともぽろっと出てしまうものです。

それ自体はあまり悪くありませんが、前もって上司や先輩の嫌いなものいや、タブーなどを心得ておけばボロをださずに済むでしょう。どんだけ空気を読むのが苦手とはいえ最低限の礼儀は必要です。

お酌が必要?

仕事だと割り切って、1度は注ぐようにしましょう。遠いほうの席には飲み会の途中で序列の順に一回でいいから注ぎに行きましょう。近くなら、半分ほど減った時にお酒は大丈夫です。

中には、全部飲みきってからが良い人もいるので、最初に注いだ時にいわれたら、次からは注意するようにしましょう。ただし、お酒お酌することにあまり気を使いすぎる必要はありません。相手にも気を使わしてその空気を台無しにする可能性があります。

 

どんな会話をすればいい?

黙ったままだめです。とにかく話しかけましょう。どんな会話をすればいいのかと考えて何も言えずにいると、「この人は話さないやつだな」思われてしまいます。仕事の内容や趣味の話、スポーツや相手の興味がありそうなことや、自分が話しやすいことからまずは言ってみましょう。

お酒の席なので、考えるよりも話したいと思う内容をつけてみるのも良いと思います。ただし、内容が自分方位にならないように気をつけてください。

2次会は断って大丈夫?

いけない理由があるときは断っても大丈夫です。盛り上がった後に、2次会に誘われるのは会社の席ではよくあることです。しかしメインはあくまでも1次会なので、必ず参加する必要はありません。

いちど断ってから帰りましょう。ただ2次会は親睦をさらに深めるチャンスでもあります、参加できるようであればその方が良いチャンスかもしれません。

 

まとめ

飲み会は普段の会社生活と違って、上司と仲良くなるための親睦会です。絶好のチャンスと思ってマナーをしっかり守れば、あいつは仕事も遊びも出来るぞと認めてくれるはずです。誰もができそうでできていないマナー。ここで改めて見直しました。しっかり夜のノミニケーションも楽しんでください。