読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

apple関するちょっと深イイ話。読むともっとmacやiphoneが好きになるかも。

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170317045721j:plain

appleが好きな人やmaciphoneが好きな人っていますよね。僕もそんなappleを愛する1人です。僕の知人にもappleユーザーはいます。今回はそのユーザーの1人の話がとても印象的でapple好きなら絶対に参考になる話なので、ぜひともあなたに聞いてほしいと思いましたので紹介します。

 

appleはユーザー目線のモノ作り。

私は20年来のappleユーザーであり、appleファンです。今でこそ、職場もクリエイティブな仕事なので、当たり前の様に、昔から合ったかの様にMacが置いてありますが、私とappleの出会いは衝撃でした。

それまでは業界も仕事と言えば、アナログ色が強く、本格的なデジタルグラフィックをやるとなると、数百万から数千万の汎用機が必要でした。文字を変形するだけでも大変な時代でした。

しかし、appleから発売していたMacのClassic。その機械が私とapple製品の最初の出会いでした。パソコンが生理的にダメな理由の一つに、プログラムの羅列があります。

しかし、apple製品は、早い時期から、ビジネス目線ではなく、ユーザー目線での物作りを貫いていたと思います。それは今も尚、受け継がれていますが、データを削除するのに、ゴミ箱に入れるなどと言う発想は、appleならではの発想ではないのかなと思ってしまいますし、感動しました。

そこから、私は勿論、業界全体も大きく汎用機からパソコンの時代になったと思っています。きっとapple製品がなかったら、もう10年は遅れていたのではないのかなと思ってしまいます。

appleに女性らしさ

apple製品は何となく、女性的な感じを受けています。それは昔も今も変わっていない印象です。何か見た目も中味もカクカクしていない感じが、そういう印象を受けるのかも知れません。

昔、あるappleの方が言っていたのが、appleの代表商品であるMacで言えば、ゴミ箱のアイコンにリアルで柔らかい影が付いています。この影を表現するのに、結構な手間が掛かるらしいのです。

しかし、その無駄かも知れない。アイコンに影がなくても、作業に支障がある訳ではありません。しかし、そういう目立たない部分にも、力を全力で注いでくれているのが、appleが大切にしている部分なのではないでしょうか。このこだわりこそが、appleが飽きずに愛され続けている所以なのではないでしょうか。

私は仕事場は勿論、家にもMacがあり、iPadがあり、スマートフォンiPhoneです。デスクトップパソコンは、MacWindowsがあります。しかし、遊びで使う場合は、常にMacを使っています。そんなapple製品は、私にとっては、子供で言うおもちゃの感覚です。だから、次にどんな新しいおもちゃを出してくれるのか。私の想像を遥かにこえてくれるのか、常に楽しみです。

まとめ

あなたもappleユーザーなら好きな理由ってあると思います。また、apple側も些細なことでも全力を注いでいる結果、我々のようなappleにこだわり続ける人たちが増えるんでしょうね。今回はappleのすてきな裏話を紹介しました。これを聞いてもっとappleを好きになってもらえるといいと思います。