読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIY家族と英語家族

diyと英語を楽しんでいる家族のまとめ

子育て!人気の習い事やしつけ方法のまとめ

スポンサーリンク

f:id:buchibuchi4647:20170307045029j:plain
最近は1歳を過ぎた頃から習い事をする赤ちゃんも珍しくありません。僕も子供を持つ親として習い事を考えていないわけではありません。しかし、親が目的を持っていないと習い事をする意味がないのかもしれません。本日は習い事をすることでどんなメリットがあるか、また自宅でもできるしつけ方法についてまとめてみました。 

 

子育てにおすすめする習い事

お子様には音楽など楽器演奏を習わせたかったら3歳までに始めると良いです。なぜなら楽器演奏は、小さい頃から習っておくと習得が早いですし、楽器演奏のレベルも向上力も桁が違うくらいに上達します。

特に女の子などは小さい頃からピアノなどを習わせたいご家庭が多いと思います。そういった場合は、3歳までには、近くの音楽教室に行き音楽を習われた方が良いと思います。

また、ピアノだけでなく、バイオリンやドラムなど、様々な楽器などは早い内に習わせておいた方が良いです。楽器を習うことは、音楽を演奏出来るだけでなく、想像力を養い、左脳を鍛えるのに適しています。つまりただ単に楽器が演奏できるだけでは無いのです。

また、楽器を習っていると、発表会に出る機会もあると思います。そういった時に、楽譜の音や音楽表現を覚え、演奏する曲を一曲まるごと覚える暗譜という作業を本番までにします。

記憶力を鍛えるのに、音楽は最適な習い事の一つなのです。子育ての秘訣として音楽を習わせたいご家庭は早いうちから習わせたほうが良いです。

自宅でできるしつけ方法

次の育児の秘訣は、お子様には小さい頃からなるべく自分で考える習慣をつけさせて上げることです。

お子様は、まだ小さいので、親御さんに頼ってしまうことも多いと思います。

また、妹や弟が出来たら赤ちゃん返りをするお子様が大半なのではないかと思います。そういった中、お子様には自分がどのように動いてどのように行動すれば良いのかという自分で考えて行動に移す習慣を母親や父親がつけて上げると良いと思います。

小さい頃から考える習慣が出来ると、人は物事を考えることが苦痛でなくなり、より最適な考え行動を出来るようになります。

小さいお子様が嫌がらない程度に疑問形この場合はどうしたらいいと思う?など、優しく問いかけて上げると良いかもしれません。この時は決して怒った口調でしつけしないことがベストです。

お子様がこれはしてはいけないと思う範囲の行動は親御さんが怒らなければ行けないですが、いつも怒ってばかりではお子様も心配になります。

たとえば、クイズ形式でこのような時はどうしたら良いかなー?と優しく一緒に遊んでいる感覚でお子様に話して問いかけて上げると、お子様も喜んで少し考え自分なりの返答を返してくれるのでは無いかと思います。

そういったクイズ形式のやり取りを経て、お子様は小さい頃から自分で考える習慣ができ、思考力に優れた大人へと次第に成長していくのでは無いかと思います。

まとめ

自分の子供のことになるといろいろ考えてしまいます。親の思いと実際は違うこともあります。いろいろ期待はあると思いますが最初から子供に背負わせずゆっくりすすんでいきましょう。